« 【掲載】朝日新聞 | トップページ | 【掲載】日刊工業新聞 »

●あったらしい童話~そのいち~

『はだかの王様』ver.2.0

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

「王様は、はだかだっ。」

男の子がさけびました。

いっしゅん、王様の左の目の下が
「ぴくん」とうごきました。

王様のふくをつくった
しょくにんのはなのあなが
ひろがりました。

王様のすぐそばにいた
けらいたちは
みんなどこかとおくのほうを
じっと見ています。

さけんだ男の子の
すぐうしろにいた
男の子のお父さんは
おおいそぎで
男の子の口を
手でふさぎました。

男の子がさけんだとき
ほんのいっしゅんだけ
まわりのおとなたちぜんいんの
うごきが
とまったようにみえました。
でも
ほんのいっしゅんだったので
とまっていないようにもみえました。

おとなたちには
男の子のこえが
ぜんぜん
きこえなかったのでしょうか。

きこえていたけれど
男の子は「ばか」だから
王様のふくが見えなかったのだ
とおもって
きにしなかったのでしょうか。

男の子がさけぶまえと
なにもかわったことは
ありませんでした。

みんな
くちぐちに
「なんてすてきなふくだろう。」
「わたしもほしいくらいだわ。」と
王様のふくをほめました。

ただ
男の子の口をふさいだ
お父さん手だけが
ずっと
「ぶるぶる」とふるえていました。

そして
つぎの日の
あさがきました。

「王様は、はだかだっ。」と
さけんだ男の子と
その子のお父さんと
その子のお母さんと
その子のおじいさんと
その子のおばあさんと
その子のいもうとと
その子のかっていた犬が
町からいなくなっていました。

いそいで
ひっこしをしたのでしょうか。
けむりのように
とつぜんきえてしまったみたいに
いえの中のかぐごと
どこかへいってしまったのです。

きんじょのおとなたちは
だれも男の子のかぞくの
はなしをしませんでした。

まるで
男の子のかぞくが
はじめから
町にはいなかったかのようです。

そして
なんにちもすぎて
きせつがかわりました。

冬がきました。

王様は
パレードのときにきていた
ふしぎなぬのをつかって
ふくをつくったしょくにんに
こんどは
冬ようのふくをちゅうもんしました。

そして王様は
冬ようのふくは
「ふしぎなぬのはつかわないで
ふつうのぬのでつくるように。」と
しょくにんにいいました。

王様の
冬ようのふくは
ふつうのあついぬのと
ふつうのけがわでできていて
だれが見ても
とてもあたたかそうでした。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ●あったらしい童話~そのいち~:

コメント

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。