« February 2011 | トップページ | April 2011 »

チーム無駄遣い10%

Black

チーム無駄遣い10%のバナーを作ってみた。


チーム無駄遣い10%の前に、

低迷する景気を回復させるためには、日本人の預貯金のうち3%が市場に出回れば、あっという間に景気は回復するという試算がある。

わずか3%、消費税率よりも低い。
みなでその3%分、少し贅沢やちょっと無駄遣いをすれば経済は低迷せずにすむ。

景気が回復した後に、また貯めればいい。
今はどんどん使うときだ。

と言っていた。

なので元々は「チーム無駄遣い3%」だったのだが、今回の震災で経済も大打撃を受けることは明白である、そのため3割増した10%まで引き上げた。


我々製造業だって大変だが、観光業、飲食業の方々はもっと大変だろう。
自粛ムードがいつまでも続いて収入のない期間が長引けば、ほとんどの企業は潰れてしまう。
それはいずれ業界を飛び越え、日本全体にまわってくる。

折角リーマンショック以降がんばって食いつないできた中小企業がまたここで消えていくのはとてもつらい。

義援金だけでは救えない企業は沢山ある。


震災復興に直接手を貸せなくても、平常を保ち今まで通り出来ることをやる!
それで良い。

そして、出来ることをもっとやる! 出来ることを10%増しでやる!

みんなで今までよりちょっと無駄遣いすれば経済の落ち込みを減らせるだろう。

また復興してから貯めればいいじゃん。


というワケでチーム無駄遣い10%実施中!

Blue

Green_2

Yellow

Red


良かったらこのバナーをお使いください。

「チーム無駄遣い10%バナーその2」もあります。

人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

●「不謹慎」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ


なぜか

<不謹慎> <不道徳> <背徳>

なんて云うコトバに引かれる自分がいる。

葬儀の席で笑うなんて「不謹慎」と叱られるが
「笑いたくなる自分」
「他人を笑わせたくなる自分」
「笑っている他人を見たくなる自分」がいる。
笑ってはいけない(とされている)場だからこそ
そこに「笑い」を見たくなる。

なぜだろう?

「開けてはいけない。」と云われていても
いや、云われるからこそ
ふたを開けたくなる。

「開けてはいけない。」は
必ず開けてしまう事になる「呪文」の様なもの。

乙姫は浦島太郎が<必ず箱を開ける様に>
「開けてはいけない。」と云って玉手箱を渡した。

ギリシャの神々は
パンドラに<箱を開けさせる為に>
「開けてはならない。」と云って
災いの詰まった箱を渡して
人間界に送り込んだ。

「開けてはいけないもの」ならば
初めから渡さなければ良いのだから。

私は浦島太郎パンドラの末裔なのか?

「云ってはいけない事」を
「云ってはいけない時」ほど
云ってみたくなるものだ。

いま、世の中は「善意」に満ち溢れている。
「良い事」だと判っているのだが
私はそれがなんだか気持ち悪い。

小心者なのでこれ位にしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつまでもあると思うなその電気

計画停電が始まってもうすぐ二週間。

東電は4月まで計画停電を考えているというが、夏になれば今より電力需要が上がり、このままでは停電の期間は延びる。


そこで問題になるのが、電力格差だ。

それは、計画停電対象外の地区があり、東京23区や横浜でも一部は対象外となっている。

わずか道一本挟んだだけで、停電地区とそうでない地区が隣り合わせにある。

短い期間であれば我慢も出来ようが、そこで店をやっていたり工場があった場合、売り上げにもろに響いてくるわけで、存続の危機となれば黙っているわけにはいかないだろう。

長引けば長引くほど、停電地区の人達が感じる理不尽さが増すばかりだ。


しかし原発はもう二度と作れない
それどころか今動いている原発も止めろという声も大きくなるだろう。

このままでは国民の記憶が薄れるまでの50年間は電力不足が起きてもなんの不思議もない状態となる。


現在の電力は巨大な発電所で作った電気を各家庭や工場、店舗等に送る集中型電源システム。
元が壊れれば末端も使えなくなる。

これに対し各個で電力を作るのが分散型電源(オンサイト電源)。
一カ所で大容量を作る必要がないので、巨大設備もいらない。
送電ロスも少なくなるし、万が一止まったとしても、隣から電力を借りてくることも容易だ。

コンピューターがメインフレームからパソコンに変わったときのように、発電システムも変化するべきだろう。

各個の発電能力が高まれば、これほどあぶなっかしい原発もいらなくなる。




スマートグリッド(次世代送電網)という構想がすでに始まっているが、まだ実用化されている所は少ない。
だがこれを機に、注目度が増すことは間違いない。


巨大な集中発電より、小さな無数の発電の方が、これからの時代には適していると思う。


計画停電についてある技術者はこう言った。
「無いモンはないんだから、我慢するしかないな」

でも、みどりかわは
「イヤです、一刻も早くなんとかしたいです!」


さぁ、ものづくり企業の出番だぜ!
人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●トリビア

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

*先週はお休みしましたが
 今週からはいつも通り日曜8:00UPでまいります。

トリビアとはひと言でいえば雑学。

しかも「役に立たない知識」

   「つまらない知識」

を指して云うらしい。

私は「トリビア」が大好きです。

「役に立たない」
「ど~でもいい」
「くだらない」ほどに
私の興味を引く。

そしてひとたび気になると
ど~しても調べないと気が済まない性分。

これを
「好奇心が旺盛」と云えば
聞こえが良いみたいな気はするが
基本的にそのほとんどが
「役に立たない知識」なので
「役立たず」「野次馬根性」のニュアンスを含んでいやしまいか?

しか~し
それがトリビアの王道

役立たなければ役立たないほど素晴らしい。

それこそが「トリビア」
無駄の美学

「役立つか?」「役立たないか?」な~んて
小さな事に囚われている様な
ちいぃせ~人間には理解出来ない
崇高な美学なのだ。

そんな「どうでもいい知識」
私の脳には沢山入っている。

なもんで
「生活に役立つ」「仕事で使える」たぐいの知識が
入るスペースがほとんど無い!

「あとで仕事に役立てよう。」なんて
スケベ心をだして覚えた知識は
次の瞬間にはデリートされてしまっている。

しかし
受験勉強で覚えなきゃいけない事柄ってのは
そのほとんどが「ど~でもいい知識」のはずなのだが
そのあたりは全く脳内に残っていないのは何故???

ああ
初めから覚えようとしていないから
入っていないのは当然か。

ここでひとつ「トリビア」を披露しようかな。

この記事を書こうと思ったのも
なんの弾みか判らんが
その「トリビア」を思い出したから。


横浜市民にはなじみ深い「崎陽軒のシウマイ」ですが
「シュウマイ」や「シューマイ」ではなく
「シュウ」でも「シュー」でもない
「シウマイ」なのはご存じですか?

今度
横浜駅(なぜか限定的)で「シウマイ弁当」を買った時に
包み紙を見てご覧なさい。
「シウマイ」になっているから。

なぜ「シウマイ」なのか?

私はモチロン知っているが
ここでは書かない事にする。

気になった人は自分で調べましょう。
多分ネットで簡単に見つかると思うから。

気になってネットで調べてしまった人。
もう既に知っている人。
そのどちらかのたなかじゅんさん。

あなたは崇高な精神の持ち主です。

「トリビアの王道」を共に歩みましょう。!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

こんなときだからこそ

出来ることをやる。

ミナロがある金沢産業団地は計画停電から外れました。

今朝まで停電スケジュールをみて操業シフトを組んでいたのですが、ちょっと拍子抜け。

ある意味申し訳なく感じるところも…


しかしこれは、電気を止めちゃいけない重要な地区なんだと言うことでもあります。

ミナロはたまたまその一画にあるだけでしょうが、これも引きの強さ。


その恩恵にあずかり、恩返しをする。

これがみどりかわの答えであります。


そういうわけで、仕事でお困りの方々じゃんじゃん持ってきてください。

非常事態価格でお承けします。


もしそこで利益が出たら社会に還元します。
チーム無駄遣い3%を10%まで引き上げます。

金は天下の回りモノ。
ここで使わないでどうする!

流れを止めたら、いずれ自分達も止まる。

貯め込まないで使え~
復興してからまた貯めればいいだろ~


まぁ、ミナロにとってはいつも言っている事ではあるのだけど、こんなときだからこそ!

人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大地震お見舞い

257084151_2
(ナッちゃんで皆を励ましたいと、たなかじゅんさんが描いてくれました)


東北地方太平洋沖地震で被災された方へお見舞い申し上げます。

みどりかわの親族も東北に多く、いまだ連絡つかない状態ではあります。

現場では、こちら横浜からは想像も出来ない状況が続いていると思いますが、どうか気丈に乗り越えてください。


製造業に携わる人々も様々な支援をはじめています。

NCネットワーク
東北地方太平洋沖地震 掲示板

データーレスキュー24
地震による緊急対応致します

日刊工業新聞社
ツイッターを伝言板にします


どれだけ仕事がつまっていようが、ムリせず安全を第一に行動してください。

身体が無事ならあとは何とかなります。
いいや、我々でなんとかします。

どうかご無事で。

人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【お知らせ】第2回横浜売れるモノづくり研究会

20110311

来週3月24日に第2回横浜売れるモノづくり研究会のシンポジウムに出ます。

第2回横浜売れるモノづくり研究会を開催いたします。

~企業成長に繋がるモノづくりの視点とは~

 売れるモノづくりとは何か、またそれを効果的に売るにはどのような方法があるのか、その道のプロが結集し、日頃の研究成果の発表の場を設けました。
 今回は当研究会の副代表で15年間で300社を超える製造業を見てきた宮崎孝が「企業成長に繋がるモノづくりの視点とは」というタイトルで講演させていただきます。
 また、神奈川県内の元気な製造業の若手社長お二人をお招きして当研究会代表の猪狩惇夫と三人で「製造業の過去・現在・未来」というテーマでパネルディスカッションを行います。
 売れるモノづくりとその効果的な売り方に興味のある方のご参加をお待ちしています。

1. 日 時 平成23年3月24日(木)14:30~17:30

2. 場 所 波止場会館1F(横浜市中区海岸通1-1)
Tel 045-663-7812 (大桟橋国際客船ターミナル入口 左)

詳しくは、
横浜売れるモノづくり研究会

都合がつけば是非!

人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年間のお勉強の成果

先日で平成22年度 高度技術活用 材料化学科が修了した。

毎週海老名まで通った約一年間、様々な出来事があった。

学科。
材料化学というジャンルを選んだのは、将来のアナハイム計画のためだが、その知識は皆無に近い。
開始早々の授業ではついてくのがやっと、というかノートを読み返しても理解できない程だった。汗

講師は毎週のように代わるので、同じ内容でも別のしゃべり方で教えてもらうことがある。
これが初級者にはよかった。
だんだんと理解できるようになってきた。


通学。
夏暑く、冬寒いと聞いてはいたが、特に夏の海老名は酷だった~
骨折した身体には駅から会場までの距離がとてつもなく長く感じた。
それに負けて何度かタクシーに乗ったことを白状する。


人々。
同級生となった人達の中ではみどりかわが最年長で、40代は三人だけ。
クラスのまとまりはあった。
後に県職員の愛賢司さん曰く、「団結したクラスだった」とほめられる。

ミナロが朝日新聞に載った翌週。
講師の方がその新聞を持ってきて、受講生に回して見せてくれた。
まだ2回しか顔を合わせていない講師がだ。
よく名前と顔を覚えていてくれたと関心すると共に、人として大先輩の方がわざわざ新聞を持ってきてくれたのがとてもうれしかった。


宴会。
忘年会、新年会や最終日の打上以外にも数回、受講後の吞みがあった。
そのたび、まぁ申し訳ないがいつものみどりかわ節で語ってしまったが許してね。
それでも続きが聞きたいと同年代のO瀧さんに言われたのは驚いたし嬉しかった。(笑)


感想。
学習したことはこれから先、少しずつ忘れていくだろう。(笑)
だが、今回知り得たモノはそれだけではない。
もし今後アナハイム計画で今回の知識が必要になるときがくれば、それを聞ける仲間が十数人できたのだから。

みどりかわにとって一番の収穫は、受講生と講師、そして県の職員の方々との出会いだ。

極端な話、これさえあればどうにかなる。(笑)
それは受講生のみんなにとっても同じである。
受講が終わって「それじゃバイバイ」ではもったいない。

ということで平成22年度修了生のメーリングリストを作った。
今後はこれで交流を持てれば、今回の学習はより人生に役立つモノとなるだろう。


最後に、みんなお疲れ様でした。

ミナロスタッフにも負担を掛けてすまぬ。


想いに付き合ってくれてありがとう。

人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

●時間

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

時間には「種類」があるらしい。

我々が普通に認識しているのが
<ニュートン時間>

光が地球を7回半回るのに掛かるのが1秒。
国際単位では
セシウム133が何回(自分で調べて)か
振動するのに
かかる間となっているらしい。

そして
<アインシュタイン時間>

相対性理論の中で云われているもので
重力が強いとこでは
ゆっくりと流れるし
高速で移動すると
やっぱりゆっくり流れるらしい。

そして
<ベルグソン時間>

哲学者のベルグソンが云ってる時間で
人によって流れる速度が違うらしい。
私の感じている時間と
あなたの感じている時間は速度が違うみたいだ。
昨日の私と今日の私でも違うらしい。


今日のテーマは<ベルグソン時間>

これって
脳の情報の処理速度の違いなんではなかろうか。

バイクで転んだ時って
スローモーションみたいに
時間がゆっくりと流れている様に感じたものさ。

脳が危機に際して
ものすごいスピードで情報を処理するので
同じ1秒でも普段より長く感じる。
1秒間で普段の30秒分の情報処理をすれば
1秒間が30秒に感じる。

逆に何かに熱中していると
時間が経つのが早いってのも
あるしね。

<ベルグソン時間>ってのは
時間が伸び縮みするのだな。

今は卒業のシーズンなので
ちょっと思いが至ったのだが
中学高校の3年間ってすんご~く長くなかった?
3年なんてあっという間に過ぎているのに
あの頃はな~。

若い頃って
色々と感じることや
憶えることや
考えることがあるから
時間が長く感じるのかな。
時間の密度が濃いってことだな。

そして最近の私は
密度のうす~い時間を過ごしているから
時間の経つのがめっちゃ早い事。

ぼさっとしているうちに
1年なんてあっという間に過ぎる。

若い頃は
「え~っと、あれしてこれして...。」って
10分で出来たことが
いまは
「え~~~~~~~~~っと...。」で
もう10分経っている。

スッカスカの時間

密度の濃い時間を心掛けていても
やっぱり時間が経つのは早い。
でもこれはしかたないよな。
なんせ情報処理能力が衰えているんだもの。
生理的な機能の問題だからね。

同じ事をしても
若い頃よりも時間が掛かるのは。

若い頃には「あっと云う間」だったものが
今では何でも時間が掛かって...。

んっ?ああっ!
「あっと云う間」じゃ無いほうが
良い(喜ばれる?)事が
あったじゃないかっ!

あれっ?でも
自分が感じている時間の中では
「あっと云う間」に変わりはないのかぁ。
「あっと云う間」
やっぱり「あっと云う間」だ。

なんだか残念っ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【掲載】人物風土記

20110304

タウンニュース金沢区 3月3日に掲載。

こちらも、よこはま金沢カスタムEV開発企業連合について取り上げて頂いた。

しかし大半は、みどりかわの想いや、やってきた事。
そしてアナハイム計画についても少しふれている。

タイトルの「人物風土記」にぴったりの内容だ。

かなり長い時間取材された編集長の利根川さんは、「文章に出来るかな~」と言われていたが、さすが良い文章である。

タウンニュースのWebサイトにも載っているので、詳細はこちらからご覧ください。
金沢区版人物風土記


ここんところ紙面を賑わせているミナロだが、こんな時が一番危ないのよ。汗

「いいね!」

人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【掲載】EVベンチャー破綻の教訓

20110303

日刊工業新聞3月3日 電気自動車(EV)の国内ベンチャー最先端であったゼロスポーツが破綻した翌日の記事。

それを受け、ミナロが代表を務める、よこはま金沢カスタムEV開発企業連合がなにを考え、どこを目指しているのかが書いてある。

カスタムEV開発は入り口であって、出口は別にある。

というのが、みどりかわ@ミナロの理念だ。


今後益々、各社のEV開発に注目です。

人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【掲載】町工場ツイッター広がる

20110228

日刊工業新聞2月28日に町工場のツイッター活用の記事が掲載。

第1回ものづくり流行語大賞の受賞者、(株)モールドテック代表 落合孝明氏の声かけで湘南台でひらかれた会合には、静岡、愛知、茨城、福井からも集まり、総勢30名にも。

勢いがあるってのは良いね。

その時の写真と共に、町工場とツイッターの記事が載りました。

ちなみに、みどりかわ@ミナロのIDは、
@minaro376
です。

フォローよろしく!

人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)