« 【掲載】人物風土記 | トップページ | 一年間のお勉強の成果 »

●時間

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

時間には「種類」があるらしい。

我々が普通に認識しているのが
<ニュートン時間>

光が地球を7回半回るのに掛かるのが1秒。
国際単位では
セシウム133が何回(自分で調べて)か
振動するのに
かかる間となっているらしい。

そして
<アインシュタイン時間>

相対性理論の中で云われているもので
重力が強いとこでは
ゆっくりと流れるし
高速で移動すると
やっぱりゆっくり流れるらしい。

そして
<ベルグソン時間>

哲学者のベルグソンが云ってる時間で
人によって流れる速度が違うらしい。
私の感じている時間と
あなたの感じている時間は速度が違うみたいだ。
昨日の私と今日の私でも違うらしい。


今日のテーマは<ベルグソン時間>

これって
脳の情報の処理速度の違いなんではなかろうか。

バイクで転んだ時って
スローモーションみたいに
時間がゆっくりと流れている様に感じたものさ。

脳が危機に際して
ものすごいスピードで情報を処理するので
同じ1秒でも普段より長く感じる。
1秒間で普段の30秒分の情報処理をすれば
1秒間が30秒に感じる。

逆に何かに熱中していると
時間が経つのが早いってのも
あるしね。

<ベルグソン時間>ってのは
時間が伸び縮みするのだな。

今は卒業のシーズンなので
ちょっと思いが至ったのだが
中学高校の3年間ってすんご~く長くなかった?
3年なんてあっという間に過ぎているのに
あの頃はな~。

若い頃って
色々と感じることや
憶えることや
考えることがあるから
時間が長く感じるのかな。
時間の密度が濃いってことだな。

そして最近の私は
密度のうす~い時間を過ごしているから
時間の経つのがめっちゃ早い事。

ぼさっとしているうちに
1年なんてあっという間に過ぎる。

若い頃は
「え~っと、あれしてこれして...。」って
10分で出来たことが
いまは
「え~~~~~~~~~っと...。」で
もう10分経っている。

スッカスカの時間

密度の濃い時間を心掛けていても
やっぱり時間が経つのは早い。
でもこれはしかたないよな。
なんせ情報処理能力が衰えているんだもの。
生理的な機能の問題だからね。

同じ事をしても
若い頃よりも時間が掛かるのは。

若い頃には「あっと云う間」だったものが
今では何でも時間が掛かって...。

んっ?ああっ!
「あっと云う間」じゃ無いほうが
良い(喜ばれる?)事が
あったじゃないかっ!

あれっ?でも
自分が感じている時間の中では
「あっと云う間」に変わりはないのかぁ。
「あっと云う間」
やっぱり「あっと云う間」だ。

なんだか残念っ!

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ●時間:

コメント

いろんな種類の時間があるんですね。初耳です。「あ〜、幸せ!この時間が続いてほしい」と思うことが、以前は沢山あった気がする。それが密度が濃いって事ですかね?「あ〜早く終わって!」と思うことが、大人になると増えますね。時間流しまくりかも

▲コメント投稿者: あき (Mar 6, 2011, 9:10:34 PM)

心の持ち様というか
気持ち次第で
時間が伸び縮みするのであれば
自分に都合良く伸縮させたいものである。

▲コメント投稿者: ダース=トリオムーン@ミナロ (Mar 7, 2011, 1:11:08 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。