« チーム無駄遣い10%バナーその2 | トップページ | 【改めて】第2回横浜売れるモノづくり研究会 »

●あったらしい童話~そのよん~

『桃太郎』~鬼ヶ島編~ver.2.0

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ


鬼たちをこらしめた

ももたろうは

鬼たちがあつめた<ざいほう>を

にぐるまにいっぱいにつんで

もとおじいさん、もとおばあさんの家へ

かえりました。

ももたろうがかえったあと

ももたろうにおそわれた鬼たちは

『鬼ヶ島けいさつ』

<ひがいとどけ>を出しました。


 「とつぜん

  ほんとうにとつぜんでした。

  いぬとさるときじを

  つれたにんげんがやってきて

  『鬼たいじだ!』とさけびながら

  おそってきました。

  わけがわからないわたしたちは

  はじめはのうちは

  ていこうしていましたが

  いぬは『わん、わんっ』とかみつき

  さるは『うきぃ、うきぃ』とひっかき

  きじは『けーん、けーん』とつっつき

  にんげんは『どぅお~りゃぁっ!』とかたなできりつけてくるので

  おおぜいがけがをしたりしんだりしました。

  その中にはじょせいこどももいました。

  かれらは鬼とみれば<むさべつ>
 
  おそいかかってきたのです。

  とてもかなわないと思い

  <ていこう>をやめたわたしたちに

  そのにんげんはこう言いました。

  『わたしは日本一のももたろうというものだ。

   <ざいほう>をさしだせばゆるしてやる。』

  われわれはしかたなく

  <ざいほう>をにぐるまにつみこんで

  さしだしました。』


~その<ざいほう>は

「泣いた赤鬼」とよばれた

鬼ヶ島の鬼たちのごせんぞさまや

そのなかまの鬼たちが

いろいろなところを

「たからさがし」して見つけたり

はたらいて手にいれたり

こころやさしいにんげんから

<きふ>してもらったりして

みんなの<ざいさん>としてためていたものでした。~

『鬼ヶ島けいさつ』の鬼けいかん

ひととおり<しらべ>をおえたあと

いいました。

「鬼ヶ島とにんげんの国とは

 <こっこう>がないのです。

 ざんねんだけど「ももたろうようぎしゃ」を

 <たいほ>することはできません。」

「いちおう、にんげんの国に<こうぎ>は

 しますが、<なきねいり>するしかありません。」

それからというもの

にんげんにうらみをもった鬼たちの

にんげんにたいする<はんざい>のかずが

ものすごくふえましたとさ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ●あったらしい童話~そのよん~:

コメント

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。