« April 2011 | トップページ | June 2011 »

ガンダムで復興

今日の日刊工業新聞に「ガンダムで復興」という記事がデカデカとあった。

読むとガンダムは象徴であって本物は作れないと。
うむその通りだ。
だから、そういう象徴があってわかりやすい目標が技術力を上げる事になると、ミナロは10年前から言っているのさ。

G68年前ミナロは作った。1/10のガンダムを。
1800mmでそれでも当時は最大の大きさだった。
ミナロ=ガンダムの会社と呼ばれるほどだった。

その頃、群馬県でランドウォーカーという人乗り二足ロボットが作られた。
とても遊び心のある工場だ。
そのロボットは動くだけでなく、ガトリング砲でタマを撃てた。
あちこちのTV番組で取り上げられていた。キムタクも操縦していた。

そのランドウォーカーの登場で、いよいよ人乗り二足ロボットの時代か、と思ったがなかなか進まない。
一応一機3000万円でセコムが買ったのだっけかな。

その時思った。
ランドウォーカーはすごい面白い、でもイマイチ普及しないのはライバルが居ないからだ!と。当時ミナロのある工業団地では本気でランドウォーカーの対抗ロボットを作ろうという計画していた。

しかし残念ながらその計画は流れた。
あるTV番組出演のためコアとなる工場がそれどころじゃなくなってしまったのだ。
それ以降二足ロボット製作熱は冷めてしまった・・・

ランドウォーカーを作った群馬の榊原機械さん、今はキッズウォーカーという子供用も作っている。 ホント愉快な会社だ、うらやましい。
もしあのとき、ミナロもその遊びにのっていたら、今頃実用レベルの復興ロボが出来ていたかもしれない。
少なくともロボット対戦はおきていただろう。


ミナロの体力を考えると、沢山の遊びを同時にすることは出来ないし、ひとつ遊んだらしばらくは稼ぎに集中しないと潰れてしまう。
それに遊びにも情熱が必要だ。 一旦冷めてしまうとなかなか燃え上がらない。

この先、ミナロが二足ロボットに携わるかどうか約束は出来ないがやりたい気持ちは常にある。

ミナロ設立からもうすぐ10年、色々考えが変わってきた。
変わったと言うより、増えて絞っての繰り返しだ。

今はまず、食べ物とエネルギーに関して世に訴える。

それが現在のミナロのテーマであり、わかりやすい目標でアナハイム計画という象徴だ。

これがうまく行けばその先を考えようと思う。

人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

■「つくる」 のエンジン、言動力(2)

ライター:ワイ・ツー・エンジン

Monodukuricredo2

みんな、つくる人。

「ものづくり」は、いろんなシゴトの場でつかわれている言葉。

食や服飾の分野、アーチスト、クリエーターと呼ばれる人たちが
活躍する世界、関連して広告や販促・広報などのWEB・紙媒体、
プロモーション等の企画・情報構築・表現を生業にする人たち、
そしてなじみ深いのが、製造業の人たちでしょう。

「ものづくり」という言葉の放つ体温、響きには、
人の五感?に訴えかける磁力があるのでしょう。
「つくる」ことを、ニッポンという国はもっともっと尊んでいいし、
子どもたちの育つ過程にも取り込まれていってほしいと思います。

その一方でこんなことも感じています。
各企業でたとえば、「営業部」や「総務部」「人事部」にいる人たちは、
なにかをつくっていないのだろうか?
「つくる」ことは、工場や「製(制)作部」などに所属していないと、
できない、していないということになるのだろうか?
です。

人と人との関係をつくったり、お客さんへの新たな提案で
会社の明日をつくったり、個々の能力・可能性を見出し、
新しい居場所をつくったり、働くモチベーションや仲間意識を高めるための
ユニークな社内ルールをつくったり・・・などなど。

「つくる」という意識で、それぞれのやっていることをみたら、
誰もがなにかをつくっているのじゃないのか。
ありがちな「つくる人」と「売る人」「支える人」みたいな、
物理的な眼での関係をこえて、つながっていくこと、
「つくるチカラ」が、とても必要な時代になった。
そう捉える人と、そうでない人の意識格差も拡がった。
そう感じています。

1×2×3=6次産業化などと言われ出したのは、
いつ頃からだったでしょうか。


書き手:縁人(ワイ・ツー・エンジン)


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いくつになっても勉強

早いものでみどりかわと職長が海老名に勉強へ通ったのが1年前。

今年はたかお@ミナロが機械技術科へ行く。

今日はその開講式。

たかお@ミナロは、ああみえてとても人見知りだ。
今頃緊張で腹こわしてなければいいが。(笑)


この勉強は正式には「高度技術活用研修」と言い、神奈川県が毎年開催している。

授業は毎週1回、約一年間続く。

言う名の通り、かなり高度な内容の授業がつまっている。


みどりかわも昨年材料化学を受講して、判らないなりにもアイデアをひねり出すネタは増えた。

そして人とのつながりがよりいっそう増えた。

これがきっかけで職長はヨーロッパ視察にも参加することが出来た。


いくつになっても勉強である。


はたして今年学んでくる、たかお@ミナロが修了する頃にはなにが起こっているのだろう。
ミナロの軸となる仕事が出来ているだろうか。
今から楽しみだ。


あまり言うとまた腹が痛くなるのでこのへんにしとこ。


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆魅力ある置物

ライター:れおん@ミナロ

暖かくなってくるとなぜかこういう魅力的なものがあちこちに
「置いてある」

Ca3a10822_2 

ボクにはとっても興味があって
近くに行って香りを楽しんだりちょっと味見をしたりしてみたいのだけど

お腹痛くなっちゃうからダメなんだってサ~~

・・・たいていの人はボクの見えないところに片つけちゃうんだけど

たまに忘れて帰っちゃう人達もいるんだって!!

気になるから早く取りに来てね 

人気ブログランキングへ このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、 面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「つくる」 のエンジン、言動力(1)

ライター:ワイ・ツー・エンジン

Monokuredo

「在る、もの、いかす」

ミナロという会社は、賑わっている、と言っていい…のかな?
ということにして、賑わいのある会社に感じることの一つに、
「在るもの(=者と物)を活かす」が思考(志向)あるなと。

ミナロなら、まずは浮かぶのが、ケミカルウッド。
有料廃棄物だった自社加工資材の端材を、ネットで売って、
専門店まで立ち上げ、加工の入口(材料)と出口(自社技術提供)
までの流れをつくって、「端財」に変えたわけですね。

そして、「祭り好き」~連携~在る者を活かす、については、
みどりのオジサンつながりの方の中には、
もつなにかに魅かれている人も多いのでしょうね。
(初めてこの会社に来た際、「あっ、“マイ場所”一つ見っけ!」との
体感を得ました…そう思わせてくれることは、迎え入れる両手の
広げ方が広い。そういうことでしょうね。Mr.グリーン・リバー)

組織・個人、公私活動を問わず、「在るものを活かす」の思考には、
夏の夜のホタルの灯りや、深夜のコンビニの灯りのように、
思わず人を寄せ、集い、賑わいをつくる磁力があるんだと思います。
私的に、子どもの発達に課題をもつ親の活動に参加していますが、
その辺りは「同じだと思っています。

「活かす」ことは、組合せを見つけること、
でもあるでしょうから、ひと・こと・ものの才を場に応じて
つないでいくチカラが優れているのでしょうね。

「つながる」は、時代のキーワードなのでしょうが、
異(い)なるものを、自分なりのオモシロがりで、
継続的な関係づくりにつなげていく。
そのエンジン(動力)の馬力がええんでしょう。


書き手:縁人(ワイ・ツー・エンジン)


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関水金属見学

Dsc_0022

先日NCネットワークさんの企画で、株式会社関水金属 埼玉工場へ見学へ行ってきた。

関水金属さんと言えば、自社ブランドKATOで有名な鉄道模型メーカー。

社内の展示スペースにはこんなにも鉄道模型がレイアウトされている。

てっちゃんにとってはディズニーランドだw

Dsc_0026

Dsc_0030

Dsc_0037

もうNゲージだけでお腹いっぱいなのだが、この日は創業者である現会長と工場長の話を聞けた。

なんと言っても関水金属の強みは一貫生産である。

設計から金型製作、成形、塗装、実装、販売まで一手に手掛けている。
(Nゲージの中に入っている特殊なモーターも自社開発だ!)
協力会社も有るのだが、鉄道模型の要である車両の製作はすべて社内でこなすそうだ。


会長は海外視察によく出かけるのだが、海外で安く量産して儲けるという考えは全くない様子。


工場長曰く、基本があっても基礎がなければ応用が出来ない。
基本をマニュアル化しただけでは職人は育たない。
モノの原理を知り、自社のやりたいことに合わせて常識を変えたり、機械を作りかえたりすると。


高い技術の維持発展には、現場を自社に残し技術者に長い間勤めてもらわないと出来ない。

会長は従業員のためにも10~30年後も存続しなければならないとも言われていた。


その答えが一貫生産で、ニーズをも作り出す工場なのだ。


元々は彫刻屋から始めたという町工場が、今や鉄道模型のトップブランドだ。

まさに町工場最強伝説である。


休憩時間の一服中に工場長と話せた。
「実は私、鉄道模型は好きじゃないんです。 鉄道模型を産み出すのが好きなんです」だって。


製造業てつを代表して言えば、両方共うらやましいんですけど~
人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●カルロス・ゴーンの言葉

『何処にボトルネックが有るのかが判れば

         問題の8割は解決する。』

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

と、云うことは

<問題が解決しない>ケースは

「残り2割が大問題」

「判ったハズのボトルネックが間違っていた」かの

どちらかである。

って解釈でよろしいですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨコハマテクノプラザ被災地支援

異業種交流ヨコハマテクノプラザ(YTP)のメンバーである、遠見さんが東北の被災地へ単身行ってきました。

現地から送られてきた画像と文章を紹介します。

F1000322_3

大量のお菓子を沢山詰め込み。

横浜では有名な大道芸人である遠見さん、
その芸を活かして被災地の子供達へ笑顔と共に届けようという活動。

以下「」内は遠見さんの言葉です。

F1000328

4月29日AM

「陸前高田第一中学校での、慰問が終わりました。沢山の子供達の笑顔があり、来て良かった…と 午後は広田小学校に行って来ます。」

F1000329

4月29日PM

「本日2ヶ所目の子供達です。 いい笑顔だね~。 陸前高田のど真ん中を通ってきました。 言葉が出ません。」

F1000341

4月30日AM

「気仙沼小学校での、子供達の笑顔です。」

F1000345

4月30日PM

「今回は、気仙沼市の親御さんの居ない施設での演技でした。 バルーンのリンゴが人気で、今控え室で……せっせと…」

「やばい雨がちょっと強く降って来た。 まだテント立ててないのに もう少し様子見で、車で寝るかぁ~」

F1000355

5月1日AM

「南三陸町に着きました。 海まで約3㎞位手前の道路ですが、ガードレールが捻れてます。 想像以上の被害で、胸が締めつけられます。 最後の1日頑張って、元気と笑顔引き出してきます。」

F1000358

5月1日PM

「今日は、志津川小学校と入谷小学校を周りました。 約950個の駄菓子と1000個のバルーンが、見事に無くなり嬉しいなぁ~ 駄菓子は予想外に、お年寄りも喜びびっくり!」

5月1日夜

「心配かけました。 無事に帰ってきました。」


いや~すごい行動力!

普段から違う人だと思ってましたがこの行いには頭が下がります。

みどりかわは送られてくる写真をツイッターとブログに載せる程度しか出来ません。
とても真似できません。


遠見さんお疲れ様でした!

被災地の子供達の笑顔が見られて良かったです。


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)