« 【講演】電気通信大学 | トップページ | 【TV取材】enjoy横濱ライフ »

観劇「詩音が来た日」

Dsc_0676

逗子の市民劇団なんじゃもんじゃの第37回公演「詩音が来た日」 を観てきた。

正確に言うと出てきた?

劇団なんじゃもんじゃを知ったのは昨年海老名に通っていた頃、あの愛さんが実は役者だったと言う発言からだ。

昨年の第36回公演「マンザナ、わが町」を観に行ったときは、アマチュア劇団のはずなのにプロみたいなすばらしい演技に驚いた。

その時のアンケートに「次回は舞台に立ってみたいです」なんて無謀なことを書いたのが目に止まったのかどうかはわからないが、今回の演出、山田マリエさんに呼ばれ、声だけの出演してきた。

Rimg6489
稽古にも二回ほど参加させてもらったが、やっぱみんなレベル高い。
特に主役でアンドロイド役の詩音ちゃんは、見るたびに本物のアンドロイドになっていく。(笑)


そんな中、みどりかわのナレーションは二役、OKが出るまでにはテイク8くらい録音したかな?

劇中は録音したナレーションが流れるのだけど、知り合いも意外と気がつかない。
こりゃ声優になれるか? な~んて、ちょっと思ったり。


「詩音が来た日」はストーリーが大変興味深く、2030年に老人介護用のアンドロイドが実現したら。。。という設定で、今現在40代前後の人にとってドンピシャの時代背景なのだ。

未来のアンドロイドには、初音ミクもインストールされているらしく、懐メロの「瑠璃色の地球」を唄うシーンでは大拍手だった。

詩音のセリフで「全てのヒトは認知症!」と言うシーンがある。
アンドロイドが人を理解する上での考え方で、程度の差があるだけですべての人は認知症だと宣言するのだ。
劇場では意外にも笑いがおこっていたが、「全てのヒトは認知症」とはすごい的を射た解釈だと思う。

劇は2日間の公演だったが、ともっとロングランでやってほしいという声も多かったし、DVDを発売してくれないかな~。


そんなワケでとても良い経験が出来ました、劇場に来て頂いた方も、劇団の方もありがとございました!

逗子市民劇団なんじゃもんじゃのサイトこちら。


最後に詩音ちゃんに骨抜きにされたおやぢ達にこのビデオを捧げる。


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 観劇「詩音が来た日」:

コメント

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。