« January 2012 | トップページ | March 2012 »

【講演】中小企業家同友会横浜支部港地区例会

同友会で野心を語れる場が回ってきたので、しゃべってきた。

それを聞いていた方々が、ブログやfacebookで感想、まとめを書いてくれましたので紹介します。

ジャーナリスト 加賀谷さんのfacebookより

今日は、川崎市役所に取材したあと、中小企業同友会の横浜支部港地区例会にオブザーバー資格で出席しました。お目当ては、ミナロの緑川社長の講演。ものづくりに懸ける思いがビンビン伝わってくる講演でした。大手製造業が失ってしまったものづくりを楽しむ姿勢、誇り、気概、その中から絶えず新しいものを生み出しつつ、中小企業連合を作り上げようという大きなビジョン-ー。その一方で、「このままでは今後を乗り切れない」という危機感を常に抱きつつ、今後のミナロをどうしていくのかを絶えず考えている。企業を取り巻く経営環境に不測の事態はつきもの、だからさらに一段高いところからものを考え、行動されようとしている。おそらく、緑川社長のそういう思いと「中小企業憲章」に書かれている理念に大きく共鳴するものがあったのでしょう。私も、この憲章に書かれていることを空文にさせないために、国を突き上げていくつもりで今後取材をしていこうと思います。さて、また夜通し原稿を書くことにします。


同友会 小野瀬さんのブログからの抜粋


本日は、開港記念会館で港地区例会。

テーマは、

「メディアを活用した下請脱却へのブランディング」
~中小企業連合に向けたものづくりの逆襲!!~

でした。

報告者の緑川社長は、勤めていた会社でリストラになり、仲間と共に創業。資金もなく、その後どうなるかも分からない中で、一緒にやろうという仲間ができ、事業の立ち上げにいろいろな人が協力してくれたそうです。

現在も人間的に魅力を感じる社長さんですが、当時から、人を惹きつける魅力があったのでしょう。

今日も緑川さんに惹かれて集まった参加者が40名強。地区例会としては、かなりの数です。

さらには、3次会までこの人数!(ってこの写真じゃ分かりませんが)


さて、(株)ミナロは、ものづくりの会社です。

ものづくりを楽しみつつ、きちんと商売をしています。

というか、ものづくりを楽しんでいるからこそ、きちんと商売になっているのかなと思います。

特徴の一つは、創業当初から、とにかくWebを活用して、自社を知ってもらおうとしていたことです。今では当たり前のことですが、10年前は、インターネットはかなり発達していましたが、今ほどのものではありませんでした。そのような中で、Webを駆使して情報を発信し、徐々に取引先を広げ、今ではその数3000。

続きはこちらから。
楽しい会社をつくろう!~コンサルタント奮闘記

みなさんありがとうございます!

「おかしらの講演は何回も聞いているけど、そのたびテーマが深くなると」と言ってくれた人もいた。
成長できているようだ。

さんざん断ってきた同友会に加盟して半年、同友会の良さと悪さが見えてきた。
地方の団結と違って、首都圏で展開する中小企業団体はどこも似たような状態だろう。

それならそれでやり方はあると思う。
同友会は良い方だと思ってる。

問題意識もポテンシャルも高いと思っている。
中小企業連合に向けて本気になれる人達がいるからだ。


そしてこの構想は、なんとしても実現しなくてはならないと思っている。

人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一回全日本製造業コマ大戦【結】

全日本製造業コマ大戦について、その4Dsc_8737


そして迎えたコマ大戦当日。

自分の予想に反してというか、回りの予想通りというか、うまく説明できないが、すっごい大勢の人が来てくれた。
テクニカルショウヨコハマではかつて見たことない風景がそこにあった。

もちろん新聞紙面やニュースサイトに取り上げて頂いた効果だ。


正直、みどりかわにとって、段取り八割ではないが、この時点でもう終わっていた。
優勝はだれがしようが、どこがコマ全部を持っていこうが、大した問題ではなかった。
各チームが、試行錯誤しコマを作り、この場で戦うまでのドラマが見たかったのだ。


勘違いしないでほしいのだが、大戦がつまらないと言っているのではない
大会を盛り上げた司会実況の黒椙田ゆうじ氏、解説の笠原UKまさき氏、行司の初代落守いのすけ氏なんて、最高のパフォーマンスだった。
時間が経つにつれ、その役者度が上がっているのが手にとって判った。 うれしかった。
選手の顔つきも、勝って上位にあがる度、真剣になって行く。 むしろ少年の目になって行く。

これほど短時間で人が変われるモノなのか? いや、それは本来その人が持っていた素質が氷解して現れただけなのだ。


みどりかわの私見だが、こういう素質をさらけ出すことが、今流行の個人のブランディングに繋がるんだとおもう。
そしてそれが、新しい職やサービスになっていくんだとおもっている。


大戦中の様子は多数の方が、Youtubeに載せてくれたので、そちらを観てください。


そして大会終わって、心技隊いとう事務局長が用意した、大懇親会がひらかれた。

70名以上は来てくれただろうか。

それはそれは、今までの製造業というくくりの懇親会とは思えないほど、ステージでの各人の言葉が大きく、重く、そして感動的だった。

これを聞いただけでも、間違いなく中小町工場には、うねりができはじめている。
これが産業界を巻き込んで、将来のものづくりにどう活かされていくのか。

志ある者が動き出せば世の中が変わるのは、歴史が証明している。


今回の全日本製造業コマ大戦が少しでもその役に立てたなら、これほど嬉しいことはない。

大会運営に協力して頂いた方々、遠方はるばる会場まで来て頂いた方々、会場に来られなくてもライブを観て応援してくれた方々、そしてなにより、現場で喧々諤々とコマ製作に関わり、ドラマを作ってくれた皆々様に感謝です。

次もやってくれ!とか、次は出る!と言ってくれた方々もありがとう。


すべて終わって、ウォールや動画を見てたら、なぜだか涙がでてきたぜよ。

人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第一回全日本製造業コマ大戦【転】

全日本製造業コマ大戦について、その3

毎年参加しているテクニカルショウなので、出展についてはお手のもの。。。

実はそう簡単には行かないのだ。


ミナロ社は1月が中間決算。
収支はほぼトントンで来たのだが、検収月の関係で現状ではマイナス。

それでも、ここに来てかなり稼働が高くなっている。

ボーナスを出すべきかどうか。
収支で言えば払えるモンではないが、みなのがんばりを見れば少しでも出したい。。。

それよりなにより、この忙しいのに、テクニカルショウへ出展するにあたって、搬入設営、現地担当、搬出片付けと、ひとを割くわけにはいかないのだ。

なんでテクニカルショウが、2月にあるんだよ!と言っても始まらない。


金銭的にも、精神的にも、なんとかギリギリの線で社もイベントも回している。


しかしやるからには、そつなく綺麗に終わらせたい。

社内の現場のスケジュール管理、問合せ等は信頼できる従業員にすべて任せ、ミナロの出展物も担当者に任せ、みどりかわはコマ大戦の準備をした。


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一回全日本製造業コマ大戦【承】

全日本製造業コマ大戦について その2。

まず肝心なのはルール作り。

素案はこんな感じ。

【勝敗】
土俵の外に出るか、先に止まってしまったら負け
2連勝した時点で試合終了
勝者は敗者のコマをもらえる(それまでの戦利品を含み総取り)

【コマの仕様】
指で回す事
φ20mm以下
材質、重量制限無し
1グループ1個まで

【土俵の仕様】
φ250mm
凹R700mm


そして、広報。

今の時代、ブログやFacebookと言ったSNSを使えば、情報発信はあっという間に出来る。
それは、報道機関へのリリースや協賛スポンサーや協力者集めも簡単になったと言うことだ。

日刊工業新聞さんや、神奈川新聞新聞さんの食い付きの良さと言ったら、一昔前の報道機関と町工場の関係からは想像できない現象だ。

そこからNHKさんのTV放映にまで繋がるんだから、もはややらない手は無いでしょ。


ルールの中で、日本古来からある遊びのベーゴマに習って、勝者は敗者のコマをもらえる事にしたのが正解だった。
その情け容赦ないルールが興味を引き、ネット上のニュースサイトや、2chにもコマ大戦の話題が載った。


参加企業、選手集めも予想以上のエントリーがあった。

当初10社も集まればと言っていたのが、トーナメントの関係で最大16チームで締切を設けたにもかかわらず、キャンセル待ちでも良いからと、申し込んでくれたチームを含め、21チームにもなってしまった。

定員オーバーのチームにはごめんなさいと言う覚悟でいたのだが、ある方の一言、
「折角おまえさんの想いに乗ってくれた町工場を切るのか?それじゃ、おかしららしくないぞ!」と言われ、ハッとする。


全日本製造業コマ大戦の目的はこうだ。

暗いニュースばかりが続き、大手はこぞって海外へシフトし、今までも厳しかった中小町工場が、よりいっそう厳しくなる中、それを打開するには、我々中小企業の経営者が動いていかない限り道は開かれないだろう。
そのためには、町工場に夢と希望を与える事。子供が将来なりたいとおもう職業にすること。現場で起こる様々なドラマを紙面に取り上げてもらうことだ。

この気持ちを、言い出しっぺのみどりかわより理解してくれての忠告だった。


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一回全日本製造業コマ大戦【起】

先日テクニカルショウヨコハマ2012で行った、全日本製造業コマ大戦について。
四本立ててまとめてみました。

これはその1です。

事の発端は、静岡富士会の宴会で、由紀精密さんが作ったコマの話題からだった。

よくまわるね~
色々工夫したんだろうね~
でも、単純なコマなら旋盤があれば簡単に作れるべ、全国の町工場で作って対戦したら面白いんじゃね?

と言う、飲んだ席で良くある会話からだった。


翌日早速、Facebookで休眠中だったグループを再起させ、そこのメンバーに提案してみた。

なにか企んでますね??
悪だくみ?w
そそ、悪だくみw
大したことでは驚きませんよ( ̄ー ̄)
ハードル上げたな。

こんな事やりたいんだけど、どうおもう?
全日本製造業コマ大戦
平成24年2月のテクニカルショウヨコハマ2012でトーナメント

面白そうっすねぇ~w
ぬぬ!
びっくらこいた!w
全国から10チーム位集まらないかな?
集まるんじゃないですか?


上々の反応だ、これなら出来そうだ、やってみよう、と言うわけでスタートした。


テクニカルショウは心技隊として毎年参加している年一回のイベント。
昨年は「ものづくり流行語大賞2010」として第一回目の表彰式を行った場所でもある。

テクニカルショウ出展に向けての心技隊の定例会議で、「今年はコマ対決というのをやりたいんだけど、どう?」と切り出した。
もちろん反対は誰もいない。

なぜもちろんか?
実は心技隊の活動は、言い出しっぺが責任を持って遂行するという暗黙のルールがある。
なので、自ら動く気があれば、言った者勝ちなのだ。(笑)

そうと決まれば行動が早いのも、心技隊の良いところ。

早速あちこちへ根回し開始だ。


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)