« 【お知らせ】なんじゃもんじゃ公演「煙が目にしみる」 | トップページ | ●再起動 »

時代の節目

基軸通貨がドルなのも、もう数年かもね。

スモールサンというゼミで聞いてきた話で、みどりかわが感じた感想。

世界の中心は、かつて英国から米国に移り、また別のどこかに変わろうとしている。

米国がリーマンショック以降回復できないのは、表面には出て来ない不良債権があまりにも大きく、安易にバラまいたドルの回収もままならないからだ。


そして、世界では米国を抜きにした貿易協定や銀行がたち始めている。

米国にとっては裏庭といってもいい中南米では、
CELAC「中南米カリブ海諸国共同体」

TPPよりよっぽど魅力的な、ASEAN+6カ国からなる
RCEP「域内包括的経済連携」

そして、ドルの流通を削減させるために作られた、BRICS銀行だ。


それぞれ米国はまったく介入出来ず、指をくわえて見ているしかない。
じょじょにドルの力は弱まって行くだろう。


一方日本は、RCEPに参加表明し、米国の言いなりになるしかないTPPより先に連携ができそうだ。

これは日本産業界にとって良い話ではあるのだが、円高問題が解消するわけではない。
円高が収まらなければ輸出企業にとって不利となる。

そこで、金融緩和策で日銀が円を刷れば良いという意見もあるのだが、仮に銀行にお金が沢山集まったとしても、どこに融資するのか?

銀行は民間に貸し付けることが使命で、その金利により利益を生み出している。
いくら金庫にお金があっても、ただの紙切れと同じなのだ。

例え話、
スーパーの商品が売れなくて、限界まで値引きをしてます。
それでも売れないから、在庫を増やします。。。

って、おかしいでしょ?

こんなことをやろうとしている人達が大勢いるのだ。


じゃあ、どうする?

お金を貸したくなるような企業をつくればいいんじゃね?


借金を恐れることはない。
むしろだれかが借金をしないと、経済は回らない。

無借金経営はすばらしいが、借金王のほうが世に貢献していると思うんだが。


あなたも高借連(高額借金連盟)に加盟しませんか?(笑)


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/54669308

この記事へのトラックバック一覧です: 時代の節目:

コメント

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。