« ●再起動 | トップページ | ●「やられちゃった。」 »

経営感覚

昔の職人は、技術は見て盗めと言われ育ってきた。

それは手に職を付けるという行為で、たぶん一人前になるには、自覚を持てという教えだったんじゃないかな。

そんで、そういう風にそだった職人はどこへ行っても、その業で喰っていけるという自信に繋がっていたのだろう。

この自覚もひとつの経営感覚だよな。


一方、昔の経営者は、地域の経営者から学べと言われてきた。

地域を大事にしない経営は、いずれそこに居られなくなると。

この名残が、各地にある協同組合や商工組合と呼ばれる中小企業団体だろう。

これも代々伝わる経営感覚だ。


しかしなぜか今は、この経営感覚をもった職人や、経営者が少ないような気がする。

職人がサラリーマンになって、経営者が二代目、三代目となると、そういう感覚はなくなってしまうのか?


まぁ、たしかにおかしらも20代の頃は給料さえもらえれば、どんな仕事でもよかった。

だけど、30過ぎた頃からは、職人サラリーマンながら、当時の社長に「新技術の設備を入れてください、保証人が足りないならオレがなりますから!」って進言したもんだ。

もちろん単なる思いつきじゃなく、試算をして借金を返せる勝算があったからだ。

(結果はそういう冒険はせず、閉鎖という道をたどるのだが。。。)


あの頃は今よりも中小企業全体では余裕があった。
今よりも確実にやれることは多かった。

この流れは未来にも続く、ほっておいたら、これから先もどんどん財政的、技術的にも障壁は多くなるだろう。

出来なくなる状況を待って、それを言い訳するより、今思いがあるならやっちゃえばいいだろ。

職人サラリーマンも、経営者も、経営感覚をもって世の中と関わればいいだろう。

評論家になるな!自ら起こせ!


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/54766711

この記事へのトラックバック一覧です: 経営感覚:

コメント

経営者に限らず、政治家も…アーティストも…タレントさんも、人々の上に立つべき方や夢と希望を与えるべき方々のうち、
この頃は自分の急所を握りしめて活動されている方が多いように感じる。
どうしても、そんな空気が伝わってきちゃうんだ!
立ち向かってゆくことだけが素晴らしいコトとは思わないけど…新しいモノを産み出そうとする意欲さえも伝わってこないから、
世の中に何もオモシロイことは起きない。。。
だったら!!自分でやっちゃうしかないネ☆
おかしらの満員会場の中での初舞台♪衝撃的だったなーっ★

▲コメント投稿者: ウォーターマムのヒロ (May 22, 2012 8:42:09 AM)

ヒロさんありがとうございました!

思いつくことや、巡ってきたことを遠慮無くやっちゃいましょ~

▲コメント投稿者: みどりかわ@ミナロ (May 25, 2012 7:24:58 PM)

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。