« ●「やられちゃった。」 | トップページ | 消費税アップ9割賛成? »

●「ポリティカル コレクトネス」

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

政治的(political)に正しい事(correctness)

人種・宗教・性別などの違いによる
偏見や差別を含まない中立的な表現や用語を用いること。
米国で、差別や偏見のない表現は政治的に妥当である
という意味で使われるようになった。
黒人をアフリカ系アメリカ人、メリークリスマスを
ハッピーホリデーズ、ビジネスマンをビジネスパーソンと
表現する。
日本語でも、看護婦・看護士を看護師、
保母を保育士などと表現するように改められたことが
これに相当する。言葉の問題にとどまらず
社会から偏見や差別をなくすことを意味する場合もある。
政治的妥当性。PC。    ~大辞泉より引用

インディアンをネイティブアメリカンって云ったり
エスキモーをイヌイットと言い換えたりしてるのが
これですね。
あとは
スッチーをCAって云ったりとか。

何でもアメリカの真似をするのが日本ですから
ちょっと前から日本でも意識されるように
なってきましたね。

具体的に単語を出すと
必然的に「差別的なコトバ」を取り上げる事に
なってしまうので
差別をする意図は無くても
ちとヤバそうなので気を使うとこだけれどさ。

まあ、無難なところで
「カメラマン」じゃなくて「フォトグラファー」
ってのが判り易い「ポリティカルコレクトネス」かな。
性別で差別をしないって云うところの。
「マン」は本来男性を指すコトバだからね。
「女性のカメラマン」だっているわけだ
コトバは矛盾しているけれど。

んじゃあ
「証券マン」とか「営業マン」って
ポリティカルコレクトネス的には
なんて呼ぶんだ?
「証券パーソン」?「営業パーソン」?
「働きマン」は菅野美穂だったしねぇ。
ポリティカルコレクトネス的には
「働きパーソン」なのか?

たま~に「○○パーソン」って言い回しを
耳にする事があるけれども
な~んかしっくり来ないんだよなぁ~
なんだかもっと色々と出てきそうな気がするなぁ。
しっくり来ない事が。

とまあ
日本では外来語の扱いが
なんだかヘンテコリンですね。
上手にアメリカの真似が出来ませ~ん。

「メカニック」も英語だと「イカサマ師」って意味もあるらしく
ちょいとばかし侮辱的なニュアンスがあって
ポリティカルコレクトネス的には
なんちゃらテクニシャンって云うらしい。
なんちゃらがなんだったか
忘れちゃったんだけど。
「テクニシャン」ってなんだかいやらしい響き。

「テクニシャン」に対して
なんか偏見持ってないか、俺?

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ●「ポリティカル コレクトネス」:

コメント

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。