« June 2012 | トップページ | August 2012 »

雇用と消費と家族的経営

Dsc_0001
昨日の同友会例会で思ったこと。

報告者は(株)フェアスタートの永岡 鉄平氏。
児童養護施設の子供達に対し、就労支援をされている。


【報告】
下は2歳から上は19歳までの訳あって親と暮らせない子友達。
その親の居ない子供達が施設を出た後、独り立ちするための支援をしているのだ。

施設に居るあいだは生活は守られているが、高校卒業と同時に世間に放り出される。
わずか18,19の子供達が親からの援助無しで生きていけるだろうか?

そんな子供達に出会った彼は、それまで勤めていた一流企業を辞め、児童養護施設の子供達の就労支援に乗り出したのだ。

子供達が施設に居るあいだに、会社見学を実施して、少しでも世間に慣れさせる。
雇用してくれる会社を探す。
それが彼の仕事だ。

だが、経営者なら直感的に感じると思うが、ビジネスモデルとして成り立っているのか?

想像通り報酬ゼロ。。。

だが、彼は言う。

「あの子らに出会って、なにかやらねばという衝動にかられた」と。

【意識と現実】
児童養護施設の子供達の仕事に対する意識は、
「生きていくために仕事をするのは当たり前」と思っているらしい。

決して世間に甘えているわけでも、ニートになるわけでもなく、自分で稼いで生きていくんだと言う意識がとても高いと。

だが現実は、ワーキングプアに陥る子供達が多いのも事実。
頼れる人が居ない子供達にとっては、恐くて寂しくて仕方ないだろう。

【ファミリー】
神奈川県では、児童養護施設から毎年50から100人程が巣立っていく。

もし、この子達に企業の経営者が、「これから私を親と思いなさい」と言えれば、どんなに素敵なことか。

血は繋がっていなくとも、毎年50人以上の息子、娘ができるのだ。
10年経ったらどれだけのファミリーになるのだろう。

この家族的経営こそが今の日本に無くってしまった、会社の良さではないだろうか。

【雇用と消費】
雇用をするのは確かに大変だ。

しかし、生産者と消費者はイコール。

つまり、企業が雇用して給料を払い消費者を作らない限り、付加価値を作る生産者も増えない。

企業が存続するには、若い人を雇い続けるのもひとつだが、消費者を作るという意識も重要な課題だとおもう。

彼の報告を聞いて、あたらめてそう思った。


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆ごあいさつ

ボクにとって9回目の『夏』を迎えました

何度もやってくるこの季節をどうにかしていい感じに過ごすために
動ける範囲であちこち移動しながら毎日を過ごしています

社内でボクがいい感じに思える涼しい場所は
たいていダース氏もお気に入りの場所で、よく早い者勝ちの場所取り勝負をしています

これからもこの苦手な『夏』がくるたびに風通しの良いいい感じの場所を
探しながら元気に乗り越えて行かないとだ・・・

さて、もうすぐボクはミナロブロガーを引退します
ボクと遊んでくれたみなさま、そしてボクの相棒を支えてくれたみなさま
お世話になりました

人間の難しい言葉や文章では表現することが出来ないけれど
ボクの知っている限りの感謝を伝えます

3年間ありがとうございました

Pict0033

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年代の役割

「10代で家族のこと、20代で地域のこと、30代で国のこと、40代で世界のことを考えろ」というような言葉を聞いたことがある。(誰の言葉だったかなぁ)

経営者になって数年経った40前後の頃だった。

それまで行き当たりばったりで生きてきた人生を、さかのぼって考えてみた。

10代で親父を亡くし高校に通いながらバイトして給料は全部親に預けた。
その分スネもかじってお金も使ったが。

20代の職場では、跡取りでも無いのに地域の次世代会で会長を務め、イベントにも積極的に参加した。この行為が後で身を助けることになる。
業界では、のちに聞かされるのだが、「あなたの設計が業界標準になってたんです」と言われた。

30代で経営者となったとき、その地域、業界の人達が助けてくれた。多少は恩返しもしてきた。当時の政権与党にも呼ばれて意見を言ったこともある。

ここまで、確かに言われてみればその通りになってるもんだな、と思った。

で、40代の現在、世界のことを考えられているか? 片寄ったニュースでは知っていてもその程度ではないのか?
世界のことを考えろとは、一体どういうことなのだろう。

大昔のひとが考えていた思想とは、現代人にとって雲の上のことなのだろうか。

50代になって振り返ったとき、それが見えてくれば良いのだが。


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)