« July 2012 | トップページ | September 2012 »

【コマ大戦】仙台場所

8月24日はコマ大戦全国予選の始まりの日だった。

北海道東北予選G2仙台場所の結果は、
優 勝 株式会社富士精密 (宮城)   
準優賞 白石工業高等学校 (宮城)   
三 位 株式会社庄司製作所(宮城)

優勝は宮城の株式会社富士精密。
コマの性能と回し手の安定性のバランスがよかった。
準優勝の回し手から、このコマにはどうやっても勝てないと言われるほど。
北の覇者の誕生だ。

宮城県白石工業高等学校からの参戦もあり、なんと決勝まで残った。
代理の回し手が良かったのが勝ち残った要因ではあるが、準優勝の結果を聞いてきっと生徒達は喜ぶに違いない。
これからも学生と製造業の繋がりには大いにやっていきたいので期待が持てる。

優勝、準優勝のチームには、来年2月の全日本大会に出場権が与えられる。
富士精密、白石工業が全国でいち早く予選通過だ。


【未来的コマ】
1回戦敗退となってしまったが、プラモール精工のコマは凄かった。
なにが凄いって、回すと外形が大きくなるのだ。
ルール上は、コマの直径は静止状態でφ20mm以下となっているのでクリアーしている。
今までも回すと大きくなるコマはあった物の、プラモール精工さんのコマは閉じた状態では、変形する様にはとても見えないほど「スキマ」が無いのだ。
つまり構成する部品の精度がハンパ無く良いということ。
大戦会場ではガンダムコマと呼ばれていたが、アイアンマンコマと言った方がその変形イメージは近いとおもう。
コマファンには一見の価値ありだ。


【企画運営】
今回のコマ大戦は、東北金型工業会の若竹会に仕切って頂いた。

みどりかわは1年前の7月に、若竹会に呼ばれて講演をしたことがある。
正直その時には、みどりかわの言っている意味が伝わった人は多くなかった。

それでも少しずつ、SNSや情報発信に取り組み、外部との交流やイベントへの参加を進め、それから1年後には若竹会がコマ大戦仙台場所を開催してくれた。

なれないイベント準備には相当時間を費やしただろう、文字通り寝る間を惜しんで。。。
実況の菊地 晋也氏と若竹会会長の庄司 大氏は、大戦が近づくにつれ、明け方までメールのやりとりをしていた。
しかしその甲斐あってイベントは大成功。

司会の松浦 月子さんは、印刷屋の看板娘でしゃべりは抜群。
第一部からの進行を完ぺきにこなしてくれた。

行司の後藤 章洋氏は、サッカー公認審判員の資格を持つだけある。
的確なジャッチと捌きで大戦を進めてくれた。
早くも木村庄之助平の名が付いていた(笑)

場を盛り上げてくれた、羽広 保志氏たちの太鼓もお見事だった。

今回は実況、解説、行司、司会まで若竹会で人選したこともあり、選手等も含め新たなヒーローヒロインが誕生した。

終わってみればみんな達成感から、とてもいい顔していた。


【全国放送】
そしてこの模様は9月16日(日)のNHKで全国放送されます。
「サキどり!」AM8:25~8:57(予定)
http://www.nhk.or.jp/sakidori/

製造業町工場が興したエンターテイメントコマ大戦が、ドキュメンタリーとして紹介されますので、是非ご覧ください。

おなじみのenmonoさんによるライブ動画はこちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=LIgwj6WDAJ4&feature=youtu.be


仙台場所に関わったすべてのみなさん、お疲れ様でした。 ありがとう!


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●ナポレオンのコトバ

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

思考は~。の方で無くって
我が輩の辞書に~。の方でごさいますよ。
モチロン「首がグルグル」のボナとパルトでも無い。

「一頭の狼に率いられた百頭の羊の群れは、
 一頭の羊に率いられた百頭の狼の群れにまさる。」
             ~ナポレオン・ボナパルト~

注:狼が虎だったりするのもあるみたいで正確な所は判りません。

偉人の名言とか格言って
「どういう意味?」って
「解釈」を求める人がいるよね。

本人が
その意味はこういう事ですよ
って解説なり補足なりをした場合は別だけど
本当の所は云った本人(この場合はナポレオン)以外には
その真意は判らないハズじゃない?

何より
本人が云ったコトバかどうかも怪しいよね
動画ファイルが残っているならともかく。

でも「コトバの意味するトコロ」って
文脈の中で決まるモノじゃないですか。
単語単体での意味はそれぞれ辞書に載ってるけど
実際のところは
会話や文章の中で
全体の流れの中で意味が決定する。

さらに「解釈」は人それぞれで微妙に違ったりするわけで
同じ話を聞いても
受け取り方(解釈)はそれぞれ。

さらにそのコトバを引用した人間は
実際にそのコトバを発した人間と全く同じ意味で
使っているとは限らない
てか多分違うでしょ。

だから
「どういう意味?」ってのは
「あなたはそのコトバを引用して何を伝えたいのですか?」
って事を尋ねている場合には成立している。
そして訊いた方は自分なりに「解釈」をして
相手の考えを判断する。

つまり
会話をしている当事者どうしの間で
コトバは「意味が確定する」のであれば
コトバの意味は「絶対的」なモノではなくって
「相対的」なモノであるって事。
日本語が判らない外国人にとっては
日本語は単なる音や図形であってコトバですらない。

それを「辞書に載っている解説だけが絶対的な意味」みたいに
しちゃうから「言葉狩り」なんてな事になってしまう。

何でこんな記事を書き始めたのかって云うと
上記のナポレオンのコトバをヤホーで検索してたら
知恵袋で「このコトバは正しいですか?」ってな
質問があって
「正しい」だの「間違いである」だのグダグダと
回答が載っていたので呆れてしまったのですよ。
コトバだけを取り出してね。
まあ、ちゃんとバカでも判るように回答している人もいましたけれどね。
質問する方も回答する方も
ま~たっく非生産的な事を、ってね。
やっぱネットはバカ暇人のものなんでしょうかね?

だいたい
このコトバをコトバのままに解釈したら
「狼が羊を率いたりするわけないじゃん。」で終わりでしょ?

な~んて記事を書いている私も「バカ」「暇人」?

んっ?
でわたしゃこのコトバを引用して何が伝えたいんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自社のファンづくり

【自社のファンづくり】
昨日の同友会横浜支部例会のテーマだ。

講演頂いたのは、川崎でボクシングジムを経営されている、元東洋太平洋バンタム級チャンピオンの新田氏。

人気が落ち込んでいるボクシングを復興させるには?
地域貢献と情報発信で、ジムのファンをつくり、川崎からヒーローを作るのが新田流経営スタイルだ。

【経営】
ボクシングやプロレスと言ったショービジネス、興行はやはりファンがいてナンボの世界だろう。
娯楽が少なかった昔であれば、ファンも自然に増えた。
しかし、趣味や仕事で時間の足りない現代人では、なかなか増えない。

そこで新田氏がやられているのが、地域の防犯や消防、救命活動への参加、
テレビ雑誌、ネットでの情報発信だ。

その効果は、ジムを作って10年、一度も赤字決算がなかったと。

現在ジムに通う人の内訳は、8割がダイエットなどの健康管理、残り2割がプロ志望だそうだ。


【感想】
われわれの様な製造業町工場でもファンはつくれるか?

出来無いことは無いだろうが、出来たとしてもそのファンがお客さんになる確立は低い。
一般受けする物を作っている町工場はほとんど無いからだ。

ならばまったく当てはまらないのか?

それも違うと思う。
ファンとまでは言わずとも、味方が多ければ、仕事が舞い込む確立は高くなる。
直接注文くれずとも、だれかを紹介してくれる可能性はぐんと増す。

地域貢献や情報発信は、特に中小企業が大いにやるべきだろう。

それがいずれ、業界や国を救うことに繋がる。


新田さんは一見、とてもボクサーとは見えない、腰の低い方だった。
きっとそれだけでファンが付くんだろうな。

ジム通おうかな、ダイエット目的で。。。


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミナロ10周年パーティー終了

20120822_01

ミナロ10周年パーティーが無事終わった。
来場者は約300名。頂いた花や酒や祝電もすごい量だ。

中小町工場の式典レベルじゃないのは判っている。

収支で言えば大赤字をぶっこくからやめとけと言う意見も多かった。
だけど開催した。やらなきゃいけないような気がしていた。

例え言われる通り、多額の持出があったとしても、それがもたらす経済効果はどれだけあるのか。

日本全国から旅費をかけて集まって頂き、飯を食べ、お土産を買い、楽しんでもらえれば、その総額は数千万円は行くだろう。

たった10年しか経たない町工場だって、経済効果に一役買えるはずだ。
それをやってみたかった。

そしてその投資はこれから先10年で必ず帰ってくる。

ミナロが10年前にひらいた20名程度の設立パーティーからはじまり、今まで経営できて来られたのがその証しだ。

幸い今回、みなさんのお陰で大赤字は免れそうですが(笑)


【乾杯の発声】
モルテック松井社長の乾杯の言葉に泣けた。

「みどりかわさんはここで300名集めたことを自慢したいんじゃないです、ここから新しい交流がはじまるのを期待しているんです」

うれしかった、実にうれしかった。

みどりかわが社会に出て、夢や理想や志を成し遂げるのに、もっとも重要なのは人との出会いだと知った日から、人と人とを結びつける役割を果たしたいと思ってきた。

金の前に仕事、仕事の前に人が居るんだと気がついた時からだ。

人と人が出会い仕事が生まれる。 仕事ができてお金がもらえる。

この順番を忘れない限り、人脈は増え続けるだろう。


【各地の得意技】
懇親会場では、各地の団体に無理言って製品、商品の展示をしてもらった。

大阪ケイオス様
京都 機青連様
静岡ものずくり連邦様
チタンクリエーター福井様
八王子 HFA様
ひたち立志塾様
両毛ものづくりネットワーク様
そして心技隊の8団体。

全国から集まった各地の得意技を見てもらえたのは、よかったとおもう。
それぞれのマイクパフォーマンスも最高だった。
ただし、時間がぜんぜん足りなかったです。反省。。。

ステージでは静岡ものずくり連邦(静連)が用意してくれた、スルガレンジャーのダンス披露が注目を集めた。

静連は心技隊に対抗すべく出来た団体のようなもの(笑)だが、彼らの活躍振りは、ものづくり集団の枠を越えて進化している。
早い内に隊員をヘッドハンティングしとかないと。。。


【社史】
最後に社史DVDで使われた文章です。

名もない旗を掲げて10年。。。

その間、やりたいこと、やるべき事をさんざんやって来た。

青臭い衝動で突っ走ったときもあったけど、今この場に存在するってことは、そこそこ世間に役に立っていたからだろう。


いつの頃からか、こう思うようになった。
自分だけが、自社だけが儲かれば良いというのは、自らの首を絞めているのと同じだと。。。
経済が右肩上がりであれば、それでも良かったかもしれない。

しかし、経済の成長が無い今の時代で、特に製造業では、自社だけの利益を追求しても、すぐ天井がやってくる。

自社の利益、自分だけの利益を追求してきて、ふと周りを見たら敵だらけ。。。
そんな人達をさんざん見てきたし、そんな人達に苦しめられた事もあったけど、絶対に見習いたくない。

日本で産まれて、仲間に出会い、会社経営をして、子供達も日本人で、
出来れば孫もその先も日本人であって欲しいと思うのは大きなお世話なのだろうか?

仕事という時間は、金儲けの手段であると同時に、人として成長する時間でもあるだろう。
旗を揚げてから10年経ったミナロは、少しは成長出来たのだろうか?

これから先10年も、仕事も人生も一生懸命やって、新たなページを作りたい。

小さなこぶしを握りしめながら、まだまだ航海はつづく。。。

株式会社ミナロ 代表取締役 みどりかわけんじ


みなさん本当にありがとうございました!


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

コマ大戦スケジュール

Koma_yoko_s

各地で盛り上がってる全日本製造業コマ大戦。

今後のコマ大戦スケジュールです、参戦、観戦、サポーターよろしくお願いします!

G2スケジュール
8/24(金)  北海道東北予選 仙台場所 (参加募集中)
9/30(日)  関東予選    八王子場所(参加募集中)
10/24(水)  九州沖縄予選  博多場所 (近日公開)
10/26(金)  信越北陸予選  新潟場所 (参加募集中)
11/10(土)  東海予選    名古屋場所(参加募集中)
12/初  近畿予選    京都場所 (近日公開)
(未定)  中国四国予選(近日公開)

 

G3スケジュール
10/25(木)  新潟場所(参加募集中)
11/17(土)  鯖江場所(近日公開)
2013年2月 大田場所(近日公開)

G1全日本大会スケジュール
2013年2月 横浜場所(G2の覇者対決)

人気ブログランキングへ このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、 面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●自画自賛

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

「じがじさん」って「おと」だけ聞くと
自我ー自賛」かな?って思うので
「自分で自分を褒め称える事」みたいな
感じを受けるけれども
語源を調べるとちょっと違うみたいだ。

「自画自賛」のコトバそのものは
自分で書いた「画」に自分で「賛」を書き入れる事。
を指しているみたいだ。

「賛」とは画に書き添える詩句などの事
「画賛」などとも云う、と。

水墨画の掛け軸なんかで
余白に漢詩が書いてあるのを
見たこと無いですか?

あの漢詩が「賛」だそうです。

普通は「画」を描く人と
「賛」を書く人は別の人物であって
「画」をみた人が「賛」を書き添えるのが
習慣の様なんだけど
自分で描いた「画」に
自分で「賛」を書き入れちゃうのが
「自画自賛」

じゃあ「賛」はなんで入れるのか?

普通に考えると
「上手な画だ。ひとつ私に画を讃える詩を書かせてもらえないか?」
『ありがとうございます。是非お願いします。』
ってなるんだろう。
それを自分ひとりでやっちゃうんだから
「自分で自分を褒める事」って意味になるわな。

でもココでちょっと気になるのが
必ずしも「画」を<褒める>為に「賛」を入れるワケじゃなさそう。
って事なのですよ。

「画」のテーマに添った「賛」を書き入れたりする事で
初めて「画」が完成するって~考えも根底にあるから
「賛」を書いてくれる人がいなかったり
どうしてもこの「画」にはこの「賛」じゃなければダメだ。
ってのが「画」を描いた人にあれば
自分で「賛」を入れてしまうのも
「アリ」ちゃあ「アリ」なんだそうだな。これが。

最悪、「画」がどうしようもなくまずいから
せめて「賛」だけでも良いのを入れておこうなんて
場合もあったりして。

実際のとこ「自画自賛」の名作も世にはあるらしい。
画」も素晴らしければ
「書」も素晴らしい人
の作品って事だよね。

だから必ずしも
「自分で自分を褒めてる気持ち悪り~奴」みたいな
悪い印象ばかりではないのが
「画」の世界に於ける「自画自賛」だそうです。

もともと画に添える「賛」には
<褒める>ってな意味はなかったのかな?
辞書を引くと
「賛」の文字には<褒める>って意味があるみたいだけど
それが
「賛」が<「画」を褒める為に書く>ってのが
一般的になったから
「賛」に<褒める>って意味が付いたのか?
本来「賛」に<褒める>って意味が
有ったから「画」添える文を
「賛」と呼ぶ様になったのか?
語源がどこにあるのか?
このあたりは白川静先生の本を読まなければ
いけないところかな。

いずれにせよ
私は「自画自賛」どころか
「紙漉」から「軸の表装」まで自分でやりたい人間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)