« 自社のファンづくり | トップページ | 【コマ大戦】仙台場所 »

●ナポレオンのコトバ

ライター:ダース=トリオムーン@ミナロ

思考は~。の方で無くって
我が輩の辞書に~。の方でごさいますよ。
モチロン「首がグルグル」のボナとパルトでも無い。

「一頭の狼に率いられた百頭の羊の群れは、
 一頭の羊に率いられた百頭の狼の群れにまさる。」
             ~ナポレオン・ボナパルト~

注:狼が虎だったりするのもあるみたいで正確な所は判りません。

偉人の名言とか格言って
「どういう意味?」って
「解釈」を求める人がいるよね。

本人が
その意味はこういう事ですよ
って解説なり補足なりをした場合は別だけど
本当の所は云った本人(この場合はナポレオン)以外には
その真意は判らないハズじゃない?

何より
本人が云ったコトバかどうかも怪しいよね
動画ファイルが残っているならともかく。

でも「コトバの意味するトコロ」って
文脈の中で決まるモノじゃないですか。
単語単体での意味はそれぞれ辞書に載ってるけど
実際のところは
会話や文章の中で
全体の流れの中で意味が決定する。

さらに「解釈」は人それぞれで微妙に違ったりするわけで
同じ話を聞いても
受け取り方(解釈)はそれぞれ。

さらにそのコトバを引用した人間は
実際にそのコトバを発した人間と全く同じ意味で
使っているとは限らない
てか多分違うでしょ。

だから
「どういう意味?」ってのは
「あなたはそのコトバを引用して何を伝えたいのですか?」
って事を尋ねている場合には成立している。
そして訊いた方は自分なりに「解釈」をして
相手の考えを判断する。

つまり
会話をしている当事者どうしの間で
コトバは「意味が確定する」のであれば
コトバの意味は「絶対的」なモノではなくって
「相対的」なモノであるって事。
日本語が判らない外国人にとっては
日本語は単なる音や図形であってコトバですらない。

それを「辞書に載っている解説だけが絶対的な意味」みたいに
しちゃうから「言葉狩り」なんてな事になってしまう。

何でこんな記事を書き始めたのかって云うと
上記のナポレオンのコトバをヤホーで検索してたら
知恵袋で「このコトバは正しいですか?」ってな
質問があって
「正しい」だの「間違いである」だのグダグダと
回答が載っていたので呆れてしまったのですよ。
コトバだけを取り出してね。
まあ、ちゃんとバカでも判るように回答している人もいましたけれどね。
質問する方も回答する方も
ま~たっく非生産的な事を、ってね。
やっぱネットはバカ暇人のものなんでしょうかね?

だいたい
このコトバをコトバのままに解釈したら
「狼が羊を率いたりするわけないじゃん。」で終わりでしょ?

な~んて記事を書いている私も「バカ」「暇人」?

んっ?
でわたしゃこのコトバを引用して何が伝えたいんだ?

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ●ナポレオンのコトバ:

コメント

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。