« ミナロ10周年パーティー終了 | トップページ | ●ナポレオンのコトバ »

自社のファンづくり

【自社のファンづくり】
昨日の同友会横浜支部例会のテーマだ。

講演頂いたのは、川崎でボクシングジムを経営されている、元東洋太平洋バンタム級チャンピオンの新田氏。

人気が落ち込んでいるボクシングを復興させるには?
地域貢献と情報発信で、ジムのファンをつくり、川崎からヒーローを作るのが新田流経営スタイルだ。

【経営】
ボクシングやプロレスと言ったショービジネス、興行はやはりファンがいてナンボの世界だろう。
娯楽が少なかった昔であれば、ファンも自然に増えた。
しかし、趣味や仕事で時間の足りない現代人では、なかなか増えない。

そこで新田氏がやられているのが、地域の防犯や消防、救命活動への参加、
テレビ雑誌、ネットでの情報発信だ。

その効果は、ジムを作って10年、一度も赤字決算がなかったと。

現在ジムに通う人の内訳は、8割がダイエットなどの健康管理、残り2割がプロ志望だそうだ。


【感想】
われわれの様な製造業町工場でもファンはつくれるか?

出来無いことは無いだろうが、出来たとしてもそのファンがお客さんになる確立は低い。
一般受けする物を作っている町工場はほとんど無いからだ。

ならばまったく当てはまらないのか?

それも違うと思う。
ファンとまでは言わずとも、味方が多ければ、仕事が舞い込む確立は高くなる。
直接注文くれずとも、だれかを紹介してくれる可能性はぐんと増す。

地域貢献や情報発信は、特に中小企業が大いにやるべきだろう。

それがいずれ、業界や国を救うことに繋がる。


新田さんは一見、とてもボクサーとは見えない、腰の低い方だった。
きっとそれだけでファンが付くんだろうな。

ジム通おうかな、ダイエット目的で。。。


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/55489988

この記事へのトラックバック一覧です: 自社のファンづくり:

コメント

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。