« 三日連続コマ大戦 | トップページ | 【コマ大戦】名古屋場所 »

●「○○○、42歳厄年」

昨日、ずっと42歳厄年だった芸人さんが
(これから先も42歳厄年なのだろうが...)
今年、本当に42歳厄年になったそうで
演説を聴きに行ってきた。

誰のことか判らない人は
置いていきますので悪しからず。

率直な感想は
「案外まともな人だなぁ。」って事。

まあ、本当に性格破綻者だったら
今の仕事は続けられていないだろうから
思ったとおりっちゃあ、思ったとおりなんだけどね。

ルックスも歳相応になってきて
以前の「鋭さ」が薄れた感じがしてきたってのも
まともに見えた理由のひとつかも知れないが。

「笑い」ってものを考えさせられたよ。

狂気を理解出来ない人には
正気も理解出来ないんだろうな。

狂気正気は相対的なもので
その境目が明確では無いのだから
その両端が判らなければ
己の位置する所が判らない。
そして己の位置する所から見た景色は
他の位置から見る景色とは違うものであるわけだ。
また、位置と景色も相対的なもので
どちらも絶対的なものではない。

そして「笑い」とはその境目に存在すると私は思うのだよ。

己の位置から見える景色が
ずれたり、逆転したり、揺らいだりした時に笑いが生まれる。
景色が動くのか、己の位置が動くのかはどちらでも良い。
相対的なものだからね。

「価値観」のずれや転換と言い換えたほうが
判り易いかもしれない。

<狂気>と<正気>

<善>と<悪>

<快>と<不快>

<緩>と<急>

世の中が狂っているのか?
己が狂っているのか?

正気を保つのは並大抵のことではないのだ。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40436/56086934

この記事へのトラックバック一覧です: ●「○○○、42歳厄年」:

コメント

コメントを書く




*スパム、無責任、言い逃げ、騙りコメントを防止するためメールアドレスは必須としています。
架空アドレスの場合削除する事があります。
お手数ですがご協力下さい。
なお、URLがある場合、そちらが優先で表示されます、サイトをお持ちの方は是非入力してください、お礼に伺います。