« November 2013 | トップページ | January 2014 »

良いことをしておきながら

AOTS (財団法人海外技術者研修協会)という団体があったのをご存じだろうか?

事業仕分けで無くなってしまったのだが、新興国に対して技術を通じて日本の心を広めていた団体だ。

この修了生達は、自国に戻り起業し、日本流の経営をする。
ビジネスが成功し雇用も増え、のれん分けも起きている。
外国人による和僑が出来ているのだ。

あらっぽく言えば、この団体の精神があったから、インドネシアでコマ大戦が開催出来たのだ。
(間を取り持ってくれた佐藤さんはここの出身です)

このようなブログを見つけた。
http://www.kanshin.com/keyword/2070001
リンク先からの転載

>何人かの研修生と話す機会があったが、皆、将来への希望に目を輝かせ、語ってくれた。
「利益を得ることしか考えていない欧米とは違って、日本人は本気で技術伝承をしてくれる」
「帰国したら、学んだ技術を活かして国を発展させる。この恩は一生忘れない」などなど。

もちろん、研修生を安い労働力としてしか考えていない企業も中にはあるだろう。そして、研修生の側にも遠足気分で来る者もいた。ただ、大多数の受け入れ企業は誠意を持って技術研修を行い、ほとんどの研修生は真摯な態度で学んで帰国していく。日本への敬意と感謝の気持ちと共に。

ある研修生に聞かれた。
「なんで、日本人はここまで懇切丁寧に教えてくれるんだ?しかも、手当まで出してくれるなんて?」
ちょっと考えて、こう答えた。
「そんなお人好しなのが日本人なんだ。だから、国へ帰っても日本のことを忘れないで欲しい。
君の国が発展していったとき、またちょっと思い出して欲しいんだ。そして、日本のことを好きになってくれると嬉しいな。信じられないくらいお人好しな日本。そんな日本好きな人を増やすのが、日本の安全保障なんだよ。

以上。

残念ながら仕分けてその姿を変えてしまったが、思いだけは存続させたいと本気で思っている。

エー‐オー‐ティー‐エス 【AOTS】
《 Association for Overseas Technical Scholarship 》海外技術者研修協会。海外の産業技術研修者の受け入れ・研修等を行う組織として昭和34年(1959)設立。平成24年(2012)海外貿易開発協会(JODC)と合併し、海外産業人材育成協会(HIDA)となった。


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靖国参拝が問題の根本ではない

またも日本国総理大臣の靖国参拝が、問題視されているね。

それにより報道されているように、本当に日本は世界から孤立するのだろうか。

孤立させてもらえるほど、世界にとって日本はどうでも良い国なのだろうかね?
万が一孤立したとして、果たして困るのはだれでしょうかね?

これだけ世界に対してお金を払い、たとえ礼を言われなくても、敵に塩を送る民俗だ、本当の孤立はありえないでしょ。

そして政治と経済は別物。
政治的関係が悪くなったとしても、ビジネスは止まらないし。

中小企業家は、政治はできないけど、ビジネスは専門家だ。

政治が国家間の戦略だとしたら、ビジネスはピンポイントの戦術。

ピンポイントで信頼が出来れば、そのほうがよっぽど強い絆となるでしょ。

だから、中小企業家は各個撃破な戦術を持って信頼の置ける仲間をつくる。
それがやがて国民同士の絆になればなお良い。

中小企業ではないけど、インドネシアのパナソニックや、インドのスズキ自動車の様な感じでね。

そうなれば、孤立してしまうなんて怖がらなくていいし、政治もやりやすくなるのじゃないかな。

もし、中小企業家が戦略を持つとするならば、自社の家族の将来のために世界に商圏をひろげ、取引先さえも家族同様に扱える信頼を築き続けること。

これは日本人の誠実さを最大限に活かした戦略だとおもう。

どうこんなの?


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスプレゼント?

クリスマスの夜、みなさんいかがお過ごしですか。

ひとりさみしい夜を過ごしてる? 
あらまぁかわいそうに。。。でも大丈夫!
あなたを必要としている人はどこかにきっと居ますよ。

そんなあなたにプレゼントをひとつ。

近頃、新興国と呼ばれるところに良く行くのですが、決して良い生活環境というワケではないんです。

渋滞はひどいし、排ガスで空気も汚れている、水道から出る水は飲めないし、ひどい場合は三日に一度しか水が出ません。停電も当たり前だし、交通機関のダイヤなんて無いもの同然です。

日本のような文化的な生活になれてしまった人達にはとても生活できる環境ではありません。。。

でもねそこに住んでいる彼らは言うんです。

世界中の人を見てきたけど日本人が一番いいわ。
僕たちは日本から学びたい。
日本人の誠実さや勤勉さ、礼儀正しさや正直なところを。
日本の会社組織やテクノロジーを教えて欲しい。

とね。

新興国の国民の平均年齢は20代そこそこ。
これから数十年は人口ボーナスでいろいろな商品やサービスが必要になってきます。
まさに成長期をむかえるのです。

一方、日本はすでに少子高齢化で人口減少をむかえた国。
新興国の20~40年は先に行っている国なんです。
言ってみれば、お父さんかおじいちゃん的存在なのです。

みなさんは子どもの頃、なに見て成長しました?
きっと親や身内や先生でしょう。

かつての日本国も欧米を見習ったように、人の集まりである以上、会社だって国だって同じ原理で動いているのです。

今、新興国の若者は日本にあこがれを抱いています。

新興国のほとんど、イヤ、世界のほとんどは親日で、日本人を良く思っています。

この麗しき誤解と言うのか、そう思われているのに気づかない日本人が情弱なのかは判りませんが、その神話が続くのもあと数年でしょう。

それを阻止すべく他国は国を挙げて新興国開拓を仕掛けています。
ほっておけば3年も経てば世界の常識は変わってしまうでしょう。

だから今しかないんです、日本人と言うだけで尊重される時は今しかないんです。
今やらなければ後生までもが後悔するでしょう。

あなたを必要としている人は世界に必ず居ます。

あと必要なのは、あなたのほんのちょっとの勇気だけです。

メリークリスマス


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メセナアワード2013大賞受賞


【追加】大賞受賞スピーチ動画

2013_11_21_404


「全日本製造業コマ大戦協会」が2013年度のメセナ大賞に選ばれ、その贈呈式の模様です。

「メセナ」とは芸術文化支援を意味するフランス語で、日本では企業メセナ協議会が「即効的な販売促進・広告宣伝効果を求めるのではなく、社会貢献の一環として行う芸術文化支援」という意味で「メセナ」という言葉を導入しました。その中で優れた「メセナ」活動を行っている企業や企業財団等を「メセナアワード」として表彰されます。

詳細はこちらを御覧下さい。
メセナアワード


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋するフォーチュンクッキー 全日本製造業コマ大戦Ver.

シンガーで今回のプロデューサーAoiちゃんのブログ
http://ameblo.jp/aoi-daydream/entry-11717455272.html

恋するフォーチュンクッキー 全日本製造業コマ大戦Ver.
http://youtu.be/SwFJ7SxS-RE

コマ大戦サイト
http://www.komataisen.com/

コマ大戦facebook
https://www.facebook.com/komataisen

人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クールジャパンは製造業の敵か味方か!?

65909_465646053488824_1813336106__2

クールジャパンは製造業の敵か味方か!?

クールジャパン構想の着地点が見えてきた。

1000億円もの投資額を用意して、日本文化を世界に売り込む。

文化と言っても中身は、クリエイティブ産業で、映像、音楽、食料品、ファッション等のメディアやコンテンツが主だ。


ここには製造業は登場しない。
製造業はもうクールジャパンの対象外なのだろうか?


おかしらの私見だが、答えはYesだ。


新興国との賃金格差がこれだけあって、今更単にものづくりだけに投資したとて、リターンは無い。
官民合わせた大資本がやることだ、末端の町工場のことまでは考えてはくれないだろう。

では、指をくわえて眺めているだけか?

いやいや、あきらめちゃいませんよ。

これからの市場の作り方は、良いモノを作れば勝手に広がるというワケにはいかず、仕掛けが必要だ。
イベントや話題を興し、それに伴うモノづくりをする。

これがクールジャパン構想で言う、クリエイティブ産業になって行くのだとおもう。


そこで、「町工場的クールジャパン構想への道」を書いてみた。

1.他業種に通じるプロデューサー育成

2.外国語の習得と異文化の理解

3.日本国内現場の維持


1は、コマ大戦をやってみて他業種の方々と多く知り合えた。
マスコミの方々や行政部局長、大手戦略室長、など様々。
コマ大戦各地での開催でプロデューサー候補も沢山現れている。
候補者:経営者

2は、PEMSやインデックスライツの様な越境組が先導してくれよう。
まだまだ日本文化に触れたいという国は多い。
その人たちが日本を忘れないうちに接点を作らねば。
候補者:若手、中堅社員

3は、町工場のみなさんもミナロでもやっている事であり、元を返せばその為の町工場的クールジャパン構想だ。
候補者:若手、ベテラン社員


モノづくりこそクールジャパンだ!と思う人は一緒に仕掛けましょう!!


人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)