« コンプレッサーとタービンの模型 | トップページ | 夏休みの工作にいかが?その2 »

夏休みの工作にいかが?

いらなくなったポンプ式ボトルを再利用!

三角形に切ったケミカルウッドを貼り合せて作りました。

作品名:液体石鹸用ボトル
製作者:樋口もうおじいちゃんですから~(w
     (特別参加:yuuの手)
使用材料:ケミ・ブラウン
接着剤:ケミカルウッド用瞬間接着剤

Photo_1

夏休みの宿題にいかがかしら?

ご不明な点やご質問はお気軽にお問合せください。wood@minaro.com

【製作手順】
1.ケミカルウッド・ブラウンを三角形にカットする。  (20枚用意する)
1枚だけ真中に丸い穴を開ける(ボトル本体のポンプの口部分となる)
Photo_4

Up


Photo_2


2.キャップの部分製作
  (1.)の丸く抜いた三角のケミカルウッドにねじ山を作る。
1
2_1
3_2
4_2

枠を作り、その中に樹脂をいれてねじ山の型をとり、樹脂が固まったら枠から外す

3.ねじ山部分の製作(ボトル本体)
5_1

1でくり貫いた丸い端材を利用して、出来上がりねじ部分が均等になるように中央に置き樹脂を流し込む。
完全に乾いたら丸い端材を取りキャップ部分の出来上がり。


4.残り19枚の三角に切ったケミカルウッドを貼り合せていく。
2_2

3_4

4_3

5.ボトル上部と下部の2パーツが貼れたら、内部をコーティングして貼り合せる。
5

Photo_3


6.色を塗って乾いたら出来上がり。(アクリル絵の具でもOKですよ!)
Photo_6

P1030076


ケミカルウッド壱番店では、オーダーカット見積もり、ケミカルウッドの質問等受け付けしております。
どうぞ、お気軽にご利用ください。
お問合せは、ミナロまで wood@minaro.com



 模型ランキングに参加しています。

8月 3, 2006 ミナロスタッフの作品 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの工作にいかが?:

コメント

コメントを書く