« 型抜き1 | トップページ | セミナー »

型抜き2

ケミ・ブラウンでも約110度のロストワックスを流し込んでれば
回数抜くうちに磨耗してくるでしょうから 後で複製出来るように
レジンでマスターを作っておく事にしました。

良く考えたら雄型で作っておけば良かったとも思ったけど
ペーパーで磨くにはこっちがやりやすいし
型起こす方法もあるのでまぁ良いでしょう!
 
1_2
 
 
 
 
 
 
写真取り忘れていたので別の型ですがレジンを流し込んで
マスターを複製しやした!
自分は黒レジンが好きです。
凹みやキズや面つながりが見やすいからです。
なんかロストワックスで作らなくても良いような気がするほど
綺麗に出来やした! ただ注型した割には。
真空注型したらもっと綺麗になるんでしょが無いから仕方有りません。
 
2_3
 
 
 
 
 
多少の穴やペーパーかけた傷あるのでプラサフ塗装して
耐水ペーパーで磨いておきました。
これ使って石膏反転して雌型作った方が早い気がしてしまいますがどうしようかな?

3月 30, 2007 趣味の工作室 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 型抜き2:

コメント

コメントを書く